蔦監督映画
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蔦監督 高校野球を変えた男の真実

蔦監督 高校野球を変えた男の真実(4月9日公開)の映画情報、上映スケジュールを紹介。

「ダイエー碑文谷店」、41年の歴史に幕 今冬にもイオン店舗に

2016年末ごろ「イオンスタイルストア」を核とした新SCに? ダイエー碑文谷店では、既にヤマダ電機など一部のテナントの退店が開始されている。 大規模改修後のダイエー碑文谷店跡のビルは、2016年11月からイオンリテールが新たに賃貸契約を結ぶことになっており、内外装を一新した上で2016年12月ごろから「イオンスタイルストア碑文谷店」を核とした新たなショッピングセンターとして営業を行うものと思われる。 なお、イオンリテールの賃貸契約期間は2036年までとなっている。 「日本で最も芸能人に会えるスーパーマーケット」と呼ばれた大型店が、最後の営業日を迎えた。  東京・目黒区の「ダイエー碑文谷店10+ 件」が5日、約40年の歴史に幕を下ろした。開店前から約600人が列をつくり、先着約500人に記念品のタオルハンカチがプレゼントされた。  コンパクトカメラやスマートフォンで建物の写真を撮る人が相次ぎ、別れを惜しんだ。  8階建ての本館の3~7階は、すでに4月3日で営業を終了。この日は食料品や日用品などが閉店セールで5~10%割引になり、多くの人が最後の買い物を楽しんでいた。  目黒区に住む40歳男性は「碑文谷店と同じ1975年生まれ。母親の買い物に付いていって、アイスクリームを買ってもらうのが楽しみだった」と感慨深げ。母親(65)が碑文谷店で25年間も食料品売り場のパートを続けたことを明かし、「母が店内でお笑い芸人や女優さんを見たと言っていました」と話した。  近隣に高級住宅街があり、芸能人の目撃情報が多いスーパーだった。ダイエーの旗艦店として、衣料品や家電なども扱い、ピーク時には年商200億円を超えた。  都心に近い高層スーパーは珍しく、マスコミに登場する機会が多かった。最近は専門店などに客を奪われ、苦戦が続いていた。  今後は半年程度かけて耐震補強や改装工事を行った後、来冬、ダイエーが傘下に入るイオングループのスーパーとして再オープンする予定。